OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2018-10-19 12:43:06)
  フジタ ミノル   Fujita, Minoru
  藤田 実
   教育組織   大学  リベラルアーツ学群
   職位   教授
大学主要役職
1. 2008/04/01~2014/03/31 桜美林大学 経済学部経済学科長
2. 2011/04/01~ 桜美林大学 リベラルアーツ学群長補佐
3. 2013/04/01~2014/03/31 桜美林大学 経済学部長
職歴
1. 1991/04~1992/03 中央商科短期大学 兼任講師
2. 1992/04~1995/03 大月市立大月短期大学 専任講師
3. 1995/04~1997/03 大月市立大月短期大学 助教授
4. 1997/04~2000/03 桜美林大学 経済学部経済学科 助教授
5. 2000/04~2007/03 桜美林大学 経済学部経済学科 教授
学歴および学位
1. ~1978/03 福島大学 経済学部 経済学科 卒業 経済学士
2. 1981/04~1984/03 専修大学大学院 経済学研究科 修士課程修了 経済学修士
3. 1986/04~1992/03 中央大学大学院 商学研究科 商学 博士課程修了 博士(経済学)
主な担当科目
日本経済論・工業経済論・労働経済論
所属学会・協会等
1. 労務理論学会
2. 経済理論学会
3. 社会政策学会
委員会等
1. 1995/04~1996/03 機械振興協会経済研究所 「人材の流動化と日本的雇用システムの展開と課題に関する調査研究」委員会委員
2. 1996/04~1997/03 機械振興協会経済研究所 「生産システムの新たな展開と人材活用」委員会委員
3. 1997/04~1998/03 機械振興協会経済研究所 「生産システムの今日的展開と技術系人材の育成活用のあり方に関する調査研究」委員会委員
4. 1998/04~1999/03 機械振興協会経済研究所 「中核的熟練技術・技能維持課題」委員会委員
5. 1999/04~2000/03 機械振興協会経済研究所 「中核的熟練技能・技能維持課題」委員会委員
研究・実務活動等
1. 1997/04~1999/03  情報化・規制緩和と日本型経済システムの転換 基盤研究B 
2. 2007/04~2010/03  大規模公共事業に伴う地域社会の変容 機関内共同研究 
著書・論文等
1. 著書  戦後日本の労使関係ー戦後技術革新と労使関係の変化 (単著) 2017/06
2. 著書  戦後70年の資本主義 (共著) 2016/06
3. 著書  日本経済の構造的危機を読み解く (単著) 2014/02
4. 著書  3.11からの復興と日本経済再建の構想 (単著) 2012/03
5. 著書  ディーセント・ワークと新福祉国家構想 (共著) 2011/11
学会発表
1. 1984/10 ソフトウエア労働の地位と性格(土地制度史学会秋期学術大会)
2. 1991/05 現代電子産業の資本蓄積構造と不安定就業(社会政策学会第83回大会)
3. 1993/10 ME革命の意義(経済理論学会第41回大会)
4. 1996/10 アジアにおけるME=情報革命の展開と生産集積(土地制度史学会秋期学術大会)
5. 1999/07 今日のリストラの特徴と雇用問題(社会政策学会関東部会)