OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
photo
    (最終更新日:2021-03-28 13:32:46)
  ミヤモト フミユキ   MIYAMOTO, Fumiyuki
  宮本 文幸
   キャリア区分   研究者教員
   教育組織   大学  ビジネスマネジメント学群ビジネスマネジメント学類
   職位   准教授
職歴
1. 1985/04~2018/03 ㈱資生堂 本社マネージャー(課長)
学歴および学位
1. 1981/04~1985/03 筑波大学 第3学群 社会工学類 卒業 社会科学士
2. 2016/03/20
(学位取得)
愛知大学 博士(経営学)
メールアドレス
   kyoin_mail
専門分野
商学 (キーワード:消費者心理、マーケティング、パッケージ・コミュニケーション) 
主な担当科目
マーケティング論、ブランド論、市場調査フィールドワーク、マーケティング分析、マーケティング研究
所属学会・協会等
1. 2009/04~ 経営行動科学学会 Link
2. 2016/04~2018/03 ∟ 監事
3. 2011/03~ 流通問題研究協会(リサーチ・アドバイザー) Link
4. 2012/04~ 愛知大学国際問題研究所(客員研究員) Link
5. 2012/10~ 日本商業学会
委員会等
1. 2011/03/01~ (一社)流通問題研究協会 リサーチアドバイザー
2. 2021/06/01~2021/10/31 相模原市立環境情報センター愛称選考委員会 相模原市立環境情報センター愛称選考委員
研究・実務活動等
1. 2018/04~2019/03  2018 年度「日本商品学会研究助成制度」 個人研究 
2. 2019/04~2021/03  商品パッケージにおけるイメージ・モチーフ効果の要因解明と応用研究 2019若手研究 (キーワード:商品パッケージ、イメージ・モチーフ、消費者効果プロセス、マーケティング)
著書・論文等
1. 論文  イメージ・モチーフの特性解明に関する実証研究-化粧品パッケージでの実験と検証- (単著) 2021/03
2. 論文  消費者による商品パッケージの「顔」認識-化粧品企業の「顔文化」を事例とした考察- (単著) 2020/12
3. 著書  テキスト経営学入門(第8章 商品開発とマーケティング) (共著) 2020/03
4. その他 桜美林大学大学院のマネジメントシステム・コーディネーター養成プログラム~真のISO経営の実現を目指して~ 連載第4回 マネジメントシステムをマーケティング戦略に結びつける (単著) 2020/01
5. 著書  化粧品における感性価値創造―使用感評価と処方設計- 第4章 視覚による価値創造:感性記憶型パッケージング (共著) 2020/01
学会発表
1. 2020/12/19 化粧品パッケージによる消費者効果の 日中比較と要因分析 ― イメージ・モチーフの実証実験を通じて ―(異文化経営学会関西部会)
2. 2020/12/13 化粧品パッケージにおける イメージ・モチーフ研究 ―中国女性への応用可能性の実証研究―(日本商業学会 第10回全国研究報告会 研究発表)
3. 2020/10/31 商品デザインにおけるイメージ・モチーフの応用研究: 中国人消費者での実験(経営行動科学学会 第23回年次大会)
4. 2020/10/25 化粧品パッケージにおけるイメージ・モチーフ効果の中国人消費者への応用研究(第61回消費者行動研究コンファレンス)
5. 2020/07/20 化粧品パッケージの消費者効果に関する考察(国際戦略経営研究学会 戦略経営論・実践研究会7月例会)
講師・講演
1. 2020/02/21~2020/02/21 感性に訴えかける化粧品パッケージ・デザイン手法 ~店頭に並べるだけで大ヒットする消費者心理の掴み方~(東京都江東区文化センター)
2. 2019/12/19~2019/12/19 商品開発における パッケージ&ブランド戦略―イメージ・モチーフによる感性記憶型パッケージング研究からの考察―(東京都半蔵門)
3. 2019/08/19~2019/08/19 桜美林大学オープン・カレッジ:マネジメントシステム・コーディネーター養成講座「マーケティング論」(東京 四谷)
4. 2019/07/19~2019/07/19 日本マーケティング塾 第51期 第2回:マーケティング戦略の策定 資生堂の新たなブランド戦略~過去・現在・未来の視点から~(神奈川県)
5. 2019/03/16~2019/03/16 桜美林大学オープン・カレッジ:マネジメントシステム・コーディネーター養成講座「マーケティング論」(東京 四谷)
受賞
1. 2019/06 異文化経営学会 2019年度学会賞(発表部門) Link