OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
photo
    (最終更新日:2021-08-29 20:40:35)
  ワタナベ クミ   WATANABE KUMI
  渡辺 久美
   キャリア区分   研究者教員
   教育組織   大学  芸術文化学群
   職位   特任講師
職歴
1. 1999/04~2002/03 日本赤十字社医療センター 看護師
2. 2002/04~2004/03 日本赤十字看護大学 看護学部看護学科 基礎看護学 助手
3. 2004/04~2020/03 民間スポーツクラブ、病院、知的障害者施設、介護予防事業にて フィットネスインストラクター、運動指導に従事
4. 2005/04~2020/03 日本赤十字社医療センター 健康管理科 健康運動指導士
5. 2014/01~2019/03 整形外科 スポーツ栄養クリニック代官山 看護師
学歴および学位
1. 1995/04~1999/03 日本赤十字看護大学 看護学部 看護学科 卒業 (看護学士)
2. 2012/04~2013/03 早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康スポーツマネジメントコース 修士課程修了 (スポーツ科学修士)
3. 2017/04~2020/03 東北大学大学院 医学系研究科 障害科学専攻 機能医科学講座 内部障害学分野 博士課程修了 (障害科学博士)
主な担当科目
健康科学(講義)、ボディワーク(講義・実技)、スポーツ実技(フィットネス&コンディショニング)
所属学会・協会等
1. 2013/04~ スポーツ精神医学会
2. 2017~ 日本腎臓リハビリテーション学会
著書・論文等
1. 論文  Home-based exercise and bone mineral density in peritoneal dialysis patients: a randomized pilot study (共著) 2021/03
2. 論文  オンラインヨガプログラムの展望 (単著) 2020/07
3. 著書  臨床透析 荒波にもまれるCKD-MBD治療 CKD-MBDの疫学 「QOLへの影響」執筆 (共著) 2020/04
4. 著書  透析ケア 透析患者のリハビリテーション エビデンスと実際 「ベッド上で出来る運動」「自宅で出来る運動」執筆 (共著) 2020/03
5. 論文  腹膜透析患者における在宅運動療法が骨密度・骨代謝マーカ-へ及ぼす効果
:ランダム化比較試験 (単著) 2020/03
学会発表
1. 2021/03 腹膜透析患者のホームエクササイズが骨密度・骨代謝マーカーへ及ぼす効果(第11回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会)
2. 2021/02 教育講演 「コロナが引き起こした身体活動量の変化にどう関わっていくか」(日本総合検診医学会第49回大会)
3. 2020/09 教育講演「フレイルの視点から考える~ウィズコロナにおける腹膜透析患者の運動療法」(第26回 腹膜透析医学会 学術集会・総会、東京)
4. 2020/02 特別企画「腎不全患者の心理を考える!」(第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術総会、東京)
5. 2019/04 腹膜透析患者と併用(血液・腹膜)透析患者における身体機能・身体活動量の比較(第46回日本血液浄化技術学会、東京)
講師・講演
1. 2021/08 Chugai Webinar 2021  ~行動科学に基づいたエクササイズで一緒にリフレッシュしませんか?
2. 2020/02 第36回城南ブロック糖尿病教室「サルコペニア・フレイルを知ろう!これからを見据えて今を生きる 最新の情報と日常生活に取り入れられること」
3. 2020/01 「口から始める健康講座」大田区保健所
4. 2019/11 個別化腎代替療法セミナー「PDの運動療法」
5. 2019/09 「腎臓リハビリテーション ~エビデンスから実践まで~」聖路加国際病院
資格・免許
1. 1999/04 看護師
2. 1999/04 保健師
3. 2002/07 健康運動指導士
4. 2016/12 Polester Pilates® Comprehensive-Rehabilitation 修了
5. 2021/07 NIRMAL YOGA 全米ヨガアライアンス RYT200