OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2018-04-20 13:07:48)
  ヤマギシ ナオジ   YAMAGISHI, Naoji
  山岸 直司
   教育組織   大学  グローバル・コミュニケーション学群
   職位   准教授
職歴
1. 2015/04~2018/03 早稲田大学 大学総合研究センター 助教
2. 2018/04~ 桜美林大学 心理・教育学系 助教授・准教授
学歴および学位
1. 2005/04~2007/03 東京大学 教育学研究科 修士課程修了 修士(教育学)
2. 2007/04~2014/09 東京大学 教育学研究科 博士課程修了 博士(教育学)
専門分野
教育社会学 (キーワード:比較教育) 
主な担当科目
高等教育・大学教育史、高等教育論、専攻演習
所属学会・協会等
1. 2007/04~ 大学教育学会
2. 2007/04~ 日本高等教育学会
3. 2013/04~2015/03 ∟ 事務局幹事
4. 2007/06~ 日本比較教育学会
著書・論文等
1. 論文  成果重視の質評価に関する米国連邦教育省の高等教育政策―1980年代から90年代における検討― (単著) 2017/03
2. 論文  Development of an international model of faculty learning community (単著) 2016/11
3. 論文  学習アウトカムの測定―アメリカの動向― (単著) 2014/05
4. 論文  VALUEプロジェクトとVALUEルーブリックの戦略的意味―学習成果のアカウンタビリティ要求に対するアメリカ大学団体の対応 (単著) 2014/03
5. 論文  アメリカ各州における学習成果アセスメント (単著) 2012/08
学会発表
1. 2008/05 アウトカムアセスメントの社会的背景と可能性~アメリカとオーストラリアの事例から(日本高等教育学会第11回大会)
2. 2009/10 Validity of learning outcomes assessment in higher education―A reference to the U.S.(Higher Education Assessment and Quality Assurance)
3. 2010/05 職業キャリアと大学教育―職業人と大学生の認知構造変化によるアプローチ―(日本高等教育学会第13回大会)
4. 2010/12 アメリカ高等教育における標準化テストの対立構造―背景と問題―(日本高等教育学会研究交流集会)
5. 2014/10 Learning Outcomes and Accountability of Higher Education: Cases of Japan and the U.S.(The Second Conference of Higher Education Resarch Association)