OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
photo
    (最終更新日:2020-03-27 16:03:11)
  ワタナベ シュウイチロウ   WATANABE, Shuichiro
  渡辺 修一郎
   キャリア区分   研究者教員
   教育組織   大学  健康福祉学群
   職位   教授
職歴
1. 1990/04~1990/04 愛媛大学 医学部附属病院第2外科 医員
2. 1990/05~1993/03 愛媛大学 医学部 文部教官助手
3. 1993/04~2002/03 東京都老人総合研究所 地域保健部門 主任研究員
4. 2002/04~2007/03 桜美林大学大学院 国際学研究科老年学専攻修士課程 助教授
5. 2007/04~2008/03 桜美林大学大学院 国際学研究科老年学専攻博士前期課程〔大学院学系〕 准教授
学歴および学位
1. 1980/04~1986/03 愛媛大学 医学部 医学科 卒業 医学士
2. 1986/04~1990/03 愛媛大学大学院 医学研究科 生態系専攻 博士課程修了 医学博士 愛媛大学 甲医博132号
3. 1977/04~1980/03 愛媛県立松山南高等学校 理数科 卒業
4. 1994/03~1994/05 Johns Hopkins大学 衛生公衆衛生学部
メールアドレス
   kyoin_mail
専門分野
衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む, 医療管理学、医療系社会学, その他 (キーワード:老年学、地域保健学、産業保健学、老年医学) 
主な担当科目
医学一般,衛生学,公衆衛生学,救急処置法,老年学情報処理法特論,老年医学特論
委員会等
1. 2017/02/13~2019/02/12 世田谷区地域保健福祉審議会高齢福祉・介護保険部会 委員
2. 2014/04/01~ 志木市地域密着型サービス運営委員会 副委員長
3. 2014/04/01~ 志木市地域包括支援センター運営協議会 副会長
4. 2013/12/01~2015/11/30 科学研究費委員会専門委員
5. 2011/04/01~ 志木市老人保健福祉計画審議会 副議長,2017~議長
研究・実務活動等
1. 2016/04~2019/03  大都市求職高齢者の実態解明およびシームレスな社会参加支援に向けた研究 基盤研究(A) 
2. 2014/04~2017/03  台湾南部の津波とセーフティネットの基礎研究 基盤研究(C) 
3. 2014/04~2017/03  高齢者就業の新たな調整型支援システムの構築に関する総合的研究 基盤研究(B) 
4. 2012/04~2014/03  台湾離島に来襲した大津波の検証と低レベル放射線の生態系への影響 挑戦的萌芽研究 
5. 2010/04~2013/03  医療保険および介護保険の保険者機能評価に関する研究 基盤研究(C) 
著書・論文等
1. 著書  すぐわかるジェロントロジー (共著) 2019/06
2. 著書  第3章:自立(自律)にかかわる高齢者の心身の変化とその評価,高齢者看護学(亀井智子,小玉敏江編) (単著) 2018/02
3. 著書  就労支援で高齢者の社会的孤立を防ぐ-社会参加の促進とQOLの向上(藤原佳典,南潮編) (共著) 2016/11
4. 著書  最新保健学 公衆衛生・疫学 (共著) 2016/09
5. 著書  メタボリックシンドローム対策(嶋野洋子,島田美喜編:公衆衛生実践キーワード) (共著) 2014/10
学会発表
1. 2019/10/26 Relationship between the body mass index and the self-assessment of physique, among community-dwelling elderly Japanese people(11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress)
2. 2019/10/26 Relationship between new long-term care insurance certification and Kihon Checklist after 5 years in community-dwelling elderly: Study based on sex and age group (Outstanding Oral Presentation Award Winner of 26 Oct)(11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress)
3. 2019/10/26 Factors related to work retention for elderly workers in the metropolitan area in Japan over two years(11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress)
4. 2019/10/26 Association between neighborhood environment and walking ability among community-dwelling older people in Japan: A 1-year prospective cohort study(11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress)
5. 2019/10/25 Seasonal fluctuations of circulatory dynamics of community-dwelling older people while exercising outdoors in the early morning(11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress)
講師・講演
1. 2018/09/30~2018/09/30 観察研究(STROBE声明に準じて)(東京都)
2. 2015/06/25~2015/06/25 笑いと認知症予防(川崎市)
3. 2015/05/29~2015/05/29 健やかで元気に暮らしていくために―食生活を考える(品川区)
4. 2015/01/22~2015/01/22 80代女性働いていきいき
5. 2014/10/26~2014/10/26 第9回日本応用老年学会大会大会長講演(相模原市)
資格・免許
1. 2017/04/01 社会医学系指導医・専門医
2. 2011/04/22 日本公衆衛生学会認定専門家(2017年4月1日更新)
3. 1990/05/28 労働衛生コンサルタント
4. 1990/03/24 医学博士(愛媛大学 甲医博132号)
5. 1986/06/01 国民健康保険医 東国医104317(東京都)
受賞
1. 2017/01 Distinguished Reviewer 2016 (The Japan Epidemiological Association)
2. 2016/01 Distinguished Reviewer 2015 (The Japan Epidemiological Association)
3. 2014/11 日本公衆衛生学会2014年度ベストレビュワー賞
4. 2014/01 Distinguished Reviewer 2013 (The Japan Epidemiological Association)
5. 2002/11 第9回東京都老年学会優秀発表賞:都市部在宅自立高齢者の65歳時健康余命の算出および健康余命の関連要因の検討