言語種別 日本語
発行・発表の年月 1992/06
形態種別 著書
標題 老人保健活動の展開
執筆形態 共著
出版社・発行元 医学書院
巻・号・頁 27-43,185-194頁
著者・共著者 編著者:柴田 博共著者:柴田 博、鈴木隆雄、長田久雄、古谷野 亘、芳賀 博、安村誠司、新井野洋一、寺岡加代、谷口幸一、竹内孝仁、濱田学昭、七田恵子
概要 本書は、老人の健康を保つ諸活動を円滑にすすめるための基礎となる諸側面の老化の理解、介護技術に関して述べたものである。内容は、身体、心理、社会的側面の老化の基本、寿命とクオリティ・オブ・ライフ、老人の病気の特徴とケア、老人の生活と保健行動、老人の保健行動と環境である。
(A5判 全333頁)
本人担当部分:「1-C 心理的加齢変化」(27頁~43頁)を単著。
はじめに、心理的加齢変化や高齢者の心理に対する誤解について述べ、続いて心理的加齢変化を理解する際の基本的問題、感覚・知覚および運動機能の加齢変化、知的側面の加齢変化、情意面の加齢変化、老年期の人格と適応、老年期の孤独感について考察した。
本人担当部分:「4-E 性生活」(185頁~194頁)を単著。まず、老年期の性に関する俗説について紹介し、その背景について考察した。次に、性機能の加齢変化、老年期の性の実態について述べ、高齢者の性生活を援助する際に留意すべき基本的事項として、高齢者の性的問題、老婚の意義、援助者のあり方について考察した。