言語種別 日本語
発行・発表の年月 1991/12
形態種別 翻訳
標題 MacKay,R.C.,Hughes,J.R.& Carver, E.J.
共感的理解と看護
執筆形態 その他
出版社・発行元 医学書院
巻・号・頁 30-53,207-216頁
著者・共著者 監訳者:川野雅資、長田久雄
共訳者:川野雅資、長田久雄、河合美子、千葉浩彦、大橋靖史、高橋真理、村本淳子
概要 原書名:Empathy in the Helping Relationship.
本書は、看護や介護のような援助関係における共感について多方面から論じている。内容は、共感とは何か、共感の有用性、援助職における共感のルーツ、人格傾向としての共感、スキルとしての共感、援助関係における共感のモデル、共感の測定、共感表出の学習、援助者による共感の応用と患者のケア、患者―援助者関係の力動への共感の効果、異文化間の看護実践における共感、効果的な共感の実践応用における生涯の克服、共感の理論と実践上の問題である。
(A5判 全222頁)
本人担当部分:第3章 援助職における共感のルーツ
第13章 共感の理論と実践上の問題