言語種別 日本語
発行・発表の年月 1991/02
形態種別 著書
標題 老人の理解と介護
(講座:介護シリーズ3)
執筆形態 共著
出版社・発行元 保健同人社
巻・号・頁 1-15頁
著者・共著者 監修:幡井ぎん、望月一靖、三友雅夫
共著者:一原 浩、長田久雄、鎌田ケイ子、谷口幸一、新津ふみ子、林 洋一
概要 老人の介護を適切に行うための基礎となる心理的理解と介護方法の基礎に関する概説書である。内容は、老人の心理の理解、老人と家族、痴呆性老人と家族、寝たきり老人の心理、老年期の精神障害の背景、介護の心得、日常の介護、家族の理解と援助、留意点、老人に多い病気である。
(B5判 全180頁)
本人担当部分:「Ⅰ.老人一般の心とその理解」(1頁~15頁)を単著。高齢者の心理的特徴、および高齢者の性格について述べ、老年期における人間関係や役割の変化と適応に関する問題、および老年期の生きがいについて考察した。続いて、介護者として高齢者に接する際に配慮すべき人間関係の基本について述べた。