言語種別 日本語
発行・発表の年月 1988/05
形態種別 翻訳
標題 Peplau,L.A. & Perlman,D
孤独感の心理学
執筆形態 共著
出版社・発行元 誠信書房
巻・号・頁 69-86頁
著者・共著者 監訳:加藤義明
共訳者:加藤義明、渡邊芳之、渋谷昌三、長田久雄、工藤 力、松井 豊、古澤照幸、落合良行、広沢俊宗、若林佳史、西川正之
概要 原書名:Loneliness : A sourcebook of current theory, research and therapy.
孤独感に関する研究をまとめた概説書である。内容は、孤独感に関する展望、孤独感の測定法、孤独感のタイプ、孤独感に関する理論的研究、孤独感の経験、孤独感と社会的行動、友達のいない子どもたち、青年期における孤独感、大学への適応、独居老人と孤独、孤独感救済の研究の概要である。
(A5判 全291頁)
本人担当部分:第4章 孤独感に関する理論的研究