言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/06
形態種別 その他論文
標題 高齢者のQOLに対する身体活動習慣の影響
執筆形態 共著
掲載誌名 『日本公衆衛生雑誌』
出版社・発行元 日本公衆衛生学会
巻・号・頁 49(6),497-506頁
著者・共著者 共著者:前田 清、太田壽城、芳賀 博、石川和子、長田久雄
概要 高齢者のQOL(quality of life)に対する身体活動の意義や効果を明らかにすることを目的とした。名古屋市近郊地域在住の63、68、73、78、83歳のすべての高齢者を対象として、運動、身体活動習慣、QOLに関する自記式アンケートを実施した。3年後に実施した追跡調査にも回答が得られた985人を解析対象とした。身体活動習慣の多い者ほど各QOLは高く、ロジスティック回帰分析の結果、初年時の身体活動習慣はQOLに、正の寄与を示した。身体活動を維持、増加させることは、高齢者のQOLの維持、向上に寄与することが示唆された。(QOL評価尺度の作成、検討を共同で実施した。)