言語種別 日本語
発行・発表の年月 1998/12
形態種別 その他論文
標題 精神分裂病患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)に関する研究(続報)
執筆形態 共著
掲載誌名 『東京保健科学学会誌』
出版社・発行元 第1巻 1号東京保健科学学会
巻・号・頁 1(1),107-110頁
著者・共著者 共著者:長田久雄、立山萬里、毛束忠由、里村恵子、松本弘子、宮田量治、藤井康男、野口弘之、山中恵子、柘野雅之
概要 本研究は、東京都立医療技術短期大学紀要第11号の報告に引き続き、精神分裂病患者のクオリティー・オブ・ライフの主観的側面と客観的側面、精神症状との関連を明らかにすることを目的とした。精神分裂病患者60名を対象として調査した結果、精神分裂病患者のクオリティー・オブ・ライフの客観的側面の評価は、陰性精神症状と関連することが明らかとなった。また、クオリティー・オブ・ライフの主観的側面は、客観的側面と必ずしも一致せず、疾患のパラドックスの存在が確認された。(調査の計画、結果の分析、考察を共同で担当)