言語種別 日本語
発行・発表の年月 1998/12
形態種別 著書
標題 高齢者の保健と医療
(シリーズ高齢社会とエイジング7)
執筆形態 共著
出版社・発行元 早稲田大学出版部
巻・号・頁 195-200頁
著者・共著者 編著者:柄澤昭秀
共著者:柴田 博、柄澤昭秀、藤田美明、芳賀 博、山田英夫、潮見泰蔵、丹野瑳喜子、丸山仁司、小山恵子、安村誠司、阿部ひろみ、渡辺修一郎、井原一成、吉田英世、新野直明、長田久雄、寺岡加代
概要 高齢者の心身健康の向上と老年病の予防、適切なマネジメントを行うための基礎となる、高齢者の保健医療に関する課題の概説書である。
(B6判変形 全218頁)
本人担当部分:「性的問題」(195頁~200頁)を単著。
高齢者の性的問題について解説した。まず、高齢者の性の実態として、日本で行われた大工原、荒木らの調査を紹介し、高齢になっても性的欲求が完全に消失するものではないことを指摘した。次いで、性機能の加齢変化と身体的な性機能障害、性的問題の心理社会的な背景について述べた。心理社会的問題への対応として、老年期の性に対する偏見の除去や悩み事を相談できるような援助の必要性、老年期の性を人間関係の一側面として捉えることの重要性などについて考察した。