言語種別 日本語
発行・発表の年月 1996/12
形態種別 その他論文
標題 HIV感染者等を対象とした心理的援助方法
-行動科学からのアプローチ-
執筆形態 共著
掲載誌名 『行動科学』
出版社・発行元 日本行動科学学会
巻・号・頁 35(2),65-75頁
著者・共著者 共著者:小杉正太郎、大橋靖史、茨木俊夫、長田久雄
概要 本研究では、HIV感染者の心理学的援助方法を行動科学の視点から検討することを目的としている。HIV感染者またはAIDS患者のストレスを軽減し、危機介入を行うためには、HIV検査を実施する以前からの、行動療法に基づくカウンセリングが必要だと考えられるが、その根拠について論じた。(文献の収集、研究の枠組みの検討、行動療法的用法についての議論を共同で担当)