OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2016-05-06 01:23:25)
  ノムラ トモコ   Nomura, Tomoko
  野村 知子
   所属学系   総合科学系
   教育組織   大学  健康福祉学群
   大学院  心理学研究科 健康心理学専攻(修士課程)
   職位   教授
学歴および学位
1. 1979/04~1983/03 日本女子大学 家政学部 住居 卒業
2. ~1985/03 日本女子大学大学院 家政学研究科 住居学専攻 修士課程修了 家政学修士
3. ~1990/05 東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 博士課程単位取得満期退学 工学博士(博士甲第2558号)
研究活動等
1. 2010/04~2012/03  「食」を通して支え合うコミュニティづくりに関する研究 その他の補助金・助成金 (キーワード:食事サービス 住民参加 地域 相互扶助)
2.   高齢者食事サービスに関する研究 個人研究 (キーワード:高齢者,食事サービス)
3.   住民によるコミュニティづくりの支援方法 個人研究 (キーワード:住民,コミュニティ,社会的支援)
著書・論文等
1. 論文  保健福祉の専門職による住民主体,行政,民間による配食サービスおよび訪問介護による食事提供の評価 (共著) 2016/03
2. 論文  地域の人々が元気になれる拠点づくりの可能性
―認定NPO法人じゃんけんぽんの実践にみるコミュニティ・カフェと配食サービスの併設― (単著) 2016/03
3. その他 書評 延藤安弘著『こんなまちに住みたいナ-絵本が育む暮らし・まちづくりの発想-』 (単著) 2015/09
4. 論文  第Ⅰ部 第1章 コミュニティデザインと住民参加型食事サービス (単著) 2013/02
5. 論文  第Ⅰ部 第2章 公共施設の管理運営に適合しない住民参加型食事サービス (単著) 2013/02
学会発表
1. 2016/06 見守り拠点の進化と工夫に関する研究(日本老年社会科学会)
2. 2014/05/10 住民参加型食事サービスの変遷と2013年度モデルの提案(日本生活学会)
3. 2014/05/10 生活学ヘリテージ・プロジェクト― その1 生活学会設立の時代と生活学の思想―(日本生活学会)
4. 2014/05/10 生活学ヘリテージ・プロジェクト―その2 インタビュー報告―(日本生活学会)
5. 2011/10/09 定年退職男性が食事サービスボランティアをとおして地域資源化するプロセスに関する研究(日本社会福祉学会)
受賞学術賞
1. 1988/04 トヨタ財団昭和63年度第1種個人奨励研究助成受賞(「地域の相互扶助による老人食事サービスの実態と拠点確保の研究」)
2. 1990/04 日本科学協会平成2年度笹川科学研究助成受賞(「米および国内事例に基づいた高齢者食事サービスを支える『しくみ』の検討」)
3. 1991/05 1991年度日本都市計画学会石川奨励賞受賞(博士論文「高齢者食事サービスを通して見た老後を支える『しくみ』と地域施設に関する研究」と研究活動に対して)
4. 1995/06 日本住宅総合研究財団研究助成受賞(「食事サービス環境に関する研究」)
5. 1997/06 日本住宅総合研究財団研究助成受賞(「食事サービス環境に関する研究-その2」)