OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
photo
    (最終更新日:2018-04-30 15:35:06)
  ワタナベ ヤスヒロ   WATANABE, Yasuhiro
  渡邉 康洋
   所属学系   経済・経営学系
   教育組織   大学  ビジネスマネジメント学群ビジネスマネジメント学類
   大学院  経営学研究科 経営学専攻(修士課程)
   職位   教授
職歴
1. 2013/04~ 桜美林大学 ビジネスマネジメント学群 教授
2. 2013/04~ 富山大学 名誉教授
3. 2005/10~2013/03 富山大学 芸術文化学部 教授
4. 2003/10~2013/03 金沢大学 共通教育機構 非常勤講師
5. 2002/04~2005/09 高岡短期大学 地域ビジネス学科 教授
学歴および学位
1. 1971/04~1976/03 上智大学 外国語学部 英語学科 卒業 文学士
2. 1999/04~2001/03 日本大学大学院 総合社会情報研究科 国際情報専攻 修士課程修了 修士(国際情報)
主な担当科目
Tourism in Japan 旅行業経営論 観光地域と観光開発、地域振興論、観光リゾート開発論、旅行企画、エコツーリズム論、社会人基礎、専攻演習
所属学会
1. 2001/10~ 日本英語コミュニケーション学会
2. 2004/04~ 日本国際観光学会
3. 2010/04~ 日本ビジネスコミュニケーション学会
4. 2013/04~ 日本観光ホスピタリティ教育学会
5. 2014/07~ 異文化経営学会
研究活動等
1. 2005/10~2007/03  非言語と言語の融合による地域国際化教育- 世界に 開かれた高岡まちづくり 機関内共同研究 
2. 2007/10~2008/03  第2回デザイン経営塾「宇奈月温泉活性化計画」 機関内共同研究 
3. 2009/09~2010/03  第4回デザイン経営塾「地域資源を活用した観光発信」 機関内共同研究 
著書・論文等
1. 論文  Tourism and Industry 4.0 (単著) 2017/11
2. 論文  How commercial tours follow ecotours (単著) 2017/04
3. 論文  1次交通距離と消費額の関係性 (再掲) (単著) 2016/02
4. 著書  地域が観光を発信するための取組み (単著) 2015/04
5. 論文  1次交通距離と消費額との関係性 (単著) 2015/03
学会発表
1. 2017/04/26 How commercial tours follow ecotours(Sustainable Tourism Development, Issues, Challenges and Debates)
2. 2015/07/23 Determining factor of tourism spending –in the case of Japanese inter-prefectural tourists(3rd International Conference on Hospitality, Leisure, Sports and Tourism)
3. 2014/11/22 Relationship Between Travel Distance and Expenditure(15th Joint World Cultural Tourism Conference)
4. 2014/10/25 観光基本距離と消費額の関連性(日本国際観光学会第18回全国大会)
5. 2013/10/28 Rediscovering the Racket Theory(14th Joint World Cultural Tourism Conference)
講師・講演
1. 2017/11/26 Tourism and Industry 4.0(Tokyo)
2. 2016/11/24 アジア観光産業の進展と日アジア関係
3. 2016/10/20 "Destination Europe" will revitalize Japan's Outbound tourism
4. 2012/03/29 宿泊客満足とは(富山県氷見市)
5. 2012/05/20 高岡文化資源の観光的マーケティング
資格・免許
1. 1974/12 実用英語技能検定1級(優秀賞)
2. 1977/12 通訳案内士(英語)
3. 1982/12 一般旅行業務取扱主任者(総合旅行業務取扱管理者)
4. 1993/09 TOEICスコア 975ポイント
5. 2008/07 TOEFL iBT 107ポイント