OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2015-05-06 23:43:12)
  サイトウ ノブコ   Saito, Nobuko
  齋藤 伸子
   所属学系   言語学系
   教育組織   大学  グローバル・コミュニケーション学群
   大学院  言語教育研究科 日本語教育専攻(修士課程)
   職位   教授
学歴および学位
1. 1975/04~1979/03 早稲田大学 第一文学部 教育学専攻 卒業 文学士
2. 1979/04~1981/03 早稲田大学 社会科学部 卒業 社会科学士
3. 1991/04~1992/02 国立国語研究所 日本語教育長期専門研修(A)
4. 1994/04~1995/02 国立国語研究所 日本語教育長期専門研修(B)
5. 1996/04~1999/03 杏林大学大学院 国際協力研究科博士前期課程 国際文化交流専攻 修士課程修了 学術修士
専門分野
日本語学習における学習者の自律および日本語教育における教師の自律 (キーワード:日本語教育、自律学習、学習者、学習環境、リソース、教師) 
主な担当科目
日本語専門基礎AI、専攻演習(大学院)
所属学会
1. 1993~ 日本語教育学会
2. 2009/07~ ∟ 教師研修委員
3. 1997 ヨーロッパ日本語教師会
委員会・協会等
1. 2001/10~2004/10 日本国際教育支援協会 「日本語能力試験」作題委員
2. 2005/04~2006/02 日本国際教育支援協会 「日本語能力試験」作題委員
3. 2007/05 日本語教育学会 日本語教育学会2007年度春季大会 実行委員
4. 2007/05~2008/10 日本国際教育支援協会 「日本語能力試験」アイテムライター
5. 2009/07~ 日本語教育学会 教師研修委員
研究活動等
1. 1992~  日本語教育における自律学習 個人研究 (キーワード:自律学習,学習者,リソース)
2. 1999~  日本語学習者の学習環境 個人研究 (キーワード:学習環境,リソース)
3. 2004/04~2007/03  自律学習を基盤とした個別対応型授業の実践に関する学内共同研究 機関内共同研究 
4. 2004/04~2005/03  大学・大学院留学生の日本語学習環境と学習手段に関する調査―必修の日本語授業を履修していない学生へのインタビューを通して― その他の補助金・助成金 
5. 2006/04~2009/03  自律学習を基盤とした個別対応型日本語授業の基礎的研究と実践モデルの構築 基盤研究(C) (キーワード:自律 自律学習 チュートリアル)
著書・論文等
1. 著書  'Learner autonomy for international students: Evolution of a university JSL program.' in Realizing autonomy: Practice and reflection in language education contexts, Hampshire: Palgrave Macmillan. (共著) 2011/11
2. 論文  辞書検索活動から課題遂行能力の向上を考える ―iPod touchを用いた初級漢字クラスを例に― (共著) 2011/11
3. その他 短期マスター 日本語能力試験ドリル N4  2010/12
4. その他 短期マスター 日本語能力試験ドリル N5  2010/12
5. その他 短期マスター 日本語能力試験ドリル N1  2010/10
学会発表
1. 2012/08/19 スマート機器を利用したディジタル世代向 き漢字自律学習支援(日本語教育名古屋国際大会 名古屋2012)
2. 2011/07 辞書検索活動から課題遂行能力の向上を考える―iPod touch を用いた初級漢字クラスを例に―(日本語教育学会実践研究フォーラム)
3. 2010/07/24 自律学習プログラムに関わる教師間の相互関係に関する経年的分析(日本語教育学会実践研究フォーラム)
4. 2009/10 「自律学習」を問いなおす(2009年日本語教育学会秋季大会)
5. 2009/08/01 実践を振り返るツールとしての年表―学部留学生対象の自律学習コースの6年間の変遷とその理由を例に―(日本語教育学会 実践研究フォーラム)
講師・講演
1. 1997/10 異文化接触を考える-異文化ゲーム(ウィーン(オーストリア))
2. 2004/02 最近の日本における日本語教育の動向(ウィーン(オーストリア))
3. 2007/09/09 自律学習の考え方を生かした授業-チュートリアルの可能性-(ウランバートル(モンゴル))
4. 2008/06 教科書を上手に使うために ―『モンゴルの風』を使って―(ウランバートル(モンゴル))
5. 2008/07/31 自律を目指すことばの学習―「チュートリアル」がもたらしたもの―(東京)