OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2016-05-26 15:59:28)
  ヤマグチ ハジメ   YAMAGUCHI, Hajime
  山口 創
   所属学系   心理・教育学系
   教育組織   大学  リベラルアーツ学群
   大学院  心理学研究科 健康心理学専攻(修士課程)
   大学院  国際学研究科 国際人文社会科学専攻(博士後期課程)
   職位   教授
職歴
1. 1996/04~1999/03 早稲田大学 人間総合研究センター 助手
2. 1999/03~2008/03 聖徳大学 人文学部児童学科 専任講師
3. 2008/04~ 桜美林大学 心理・教育学系 准教授
学歴および学位
1. 1987/04~1990/03 早稲田大学 人間科学部 人間基礎科学科 卒業
2. 1991/04~1993/03 早稲田大学大学院 人間科学研究科 健康科学専攻 修士課程修了
3. 1993/04~1996/03 早稲田大学大学院 人間科学研究科 健康科学 博士課程修了 博士(人間科学)
メールアドレス
   kyoin_mail
ホームページ
   http://www2.obirin.ac.jp/y-hajime/index.html
専門分野
健康心理学、ボディワーク, 身体接触、非言語コミュニケーション 
主な担当科目
健康心理学
教育活動
・授業では人間の行動について、科学的な観点で理解することを目指しています。ゼミでは、心理学の研究の実践(仮説⇒検証の過程)や、ボディワークの体験など実践的な理解を目指しています。
委員会・協会等
1. 2013/09~ 日本健康心理学会研修委員会 副委員長
2. 2014/04~ 日本ソマティック心理学協会 副会長
3. 2015/06~ 日本健康心理学会 監事
研究活動等
1. 2004/04~2006/03  対人関係の基盤としての「身体接触」に関する生涯発達行動学的検討 基盤(A) (キーワード:身体接触)
2. 2008/04~2011/03  感情の喚起に及ぼす身体機能に関する健康心理学的研究 -身体感覚を中心として 基盤(C) (キーワード:身体感覚、健康、情動)
3. 2012/04~2014/03  被虐待児のオルタナティブ・アタッチメント形成に関する発達臨床心理学的研究 基盤(C) (キーワード:オルタナティブアタッチメント 愛着)
4. 2012/11~  自閉症児へのマッサージセラピーの効果に関する研究 国際共同研究 
5. 2013/04~2016/03  離島におけるアロマザリングの総合的研究:守姉の風習を中心に 基盤(B) 
著書・論文等
1. 著書  今日のメンタルヘルス 第2章「周産期」、第3章「子ども時代」 (共著) 
2. 著書  子どもにとって大切なこと (共著) 
3. 著書  セラピストの動きの基本 (共著) 2014/05
4. 著書  幸せになる脳はだっこで育つ (単著) 2013/10
5. 著書  腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す (単著) 2013/10
学会発表
1. 2011 To develop a measurement for the dietary education of parents in homes with  infants(11th European Conference on Psychological Assessment)
2. 2013/09 マッサージによる深部体温と気分の変化(日本健康心理学会)
3. 2013/09 病気体験が行き方態度へ及ぼす影響(日本健康心理学会)
講師・講演
1. 2004/12 スキンシップと心(北陸学院大学)
2. 2005/03 スキンシップと心(千葉県)
3. 2005/05 子供の皮膚と心(千葉県)
4. 2006/03 身体に宿る子どもの心(高知県小児医学会)
5. 2006/08 身体接触と子どもの心
資格・免許
1. 2000/04/01 臨床発達心理士
受賞学術賞
1. 2004 発達臨床研究賞