OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2017-09-18 16:15:21)
  コイズミ ヒロコ   KOIZUMI, Hiroko
  小泉 広子
   所属学系   総合科学系
   教育組織   大学  健康福祉学群
   職位   准教授
職歴
1. 2000/04~2002/03 日本社会福祉事業大学 社会事業研究所 研究員
2. 2001/04~2003/03 長崎国際大学 人間社会学部社会福祉学科 助手
3. 2003/04~2006/03 桜美林大学 経営政策学部ビジネスマネージメント学科 講師
4. 2006/04~2010/03 桜美林大学 健康福祉学群 講師
5. 2010/04~ 桜美林大学 健康福祉学群 准教授
学歴および学位
1. 1989/04~1993/03 日本社会事業大学 社会福祉学部 児童福祉学科 卒業 社会福祉学士
2. 1995/04~1997/03 獨協大学大学院法律学研究科法律学専攻博士課程前期課程 法律学研究科 法律学専攻 修士課程修了 法学修士
3. 1998/04~2001/03 法政大学大学院法律学専攻(行政法) 社会科学研究科 法律学専攻行政法専攻 博士課程単位取得満期退学 博士課程単位取得満期退学
主な担当科目
児童福祉論、社会福祉法制、子ども法、社会福祉相談援助現場実習指導
委員会・協会等
1. 2005/11~ 町田市介護保険苦情相談調整会議 介護苦情解決専門員
研究活動等
1. 2007/04~2010/03  児童福祉領域における子どもの利益代理制度創設のための基礎的条件の検討 若手研究(B) 
2. 2009/04~2012/03  「新」教育基本法の立憲主義的解釈の解明 基盤研究(B) 
3. 2012/04~2016/03  新教育基本法下の「新しい教育法状況」の政策論的、制度論的、法解釈論的研究 基盤研究B 
4. 2016/04~  行政紛争の処理に関する適切な法の解明‐国家と個人の関係の現代的変容を背景として 基盤研究C 
著書・論文等
1. 著書  保育判例ハンドブック (共著) 2016/08
2. 著書  子ども・子育て支援新制度 活用・改善ハンドブック (共著) 2015/08
3. 著書  教育法の現代的争点 (共著) 2014/07
4. 著書  自治体福祉行政における子ども独自の利益代理の必要性 (単著) 2007/11
5. 著書  安倍流『教育改革』で学校はどうなる (共著) 2007/02
学会発表
1. 2008/06/01 保育所民営化裁判の検討(日本教育法学会)
2. 2013/05/26 子ども・子育て支援関連三法と子どもの権利(日本教育法学会)