OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
  ワタナベ シュウイチロウ
  渡辺 修一郎
 
所属学系 自然科学系
教育組織 健康福祉学群
  老年学研究科 老年学専攻(博士前期課程)
  老年学研究科 老年学専攻(博士後期課程)
職位 教授
職歴
1. 1990/04~1990/04 愛媛大学 医学部附属病院第2外科 医員
2. 1990/04~1993/03 聖カタリナ女子短期大学 非常勤講師
3. 1990/05~1993/03 愛媛大学 医学部 文部教官助手
4. 1991/04~1993/03 愛媛県立医療技術短期大学 地域看護学専攻 非常勤講師
5. 1993/04~2000/03 東京都立医療技術短期大学 地域看護学専攻 非常勤講師
学歴および学位
1. 1980/04~1986/03 愛媛大学 医学部 医学士
2. 1986/04~1990/03 愛媛大学大学院 医学研究科 医学博士 愛媛大学 甲医博132号
メールアドレス
1.
専門分野
   衛生学, 公衆衛生学・健康科学, その他 (キーワード:老年学、地域保健学、産業保健学、老年医学)
主な担当科目
   医学一般,衛生学,公衆衛生学,老年学情報処理法特論,老年医学特論,老年学
委員会・協会等
1. 1988/08~1993/03 愛媛県地域保健対策協議会職域保健委員会 委員
2. 1990/07~1991/06 愛媛県地域保健対策協議会成人・老人保健委員会 委員
3. 1996/04/01~1997/03/31 日本学術会議:高齢化社会に対応した地域の活性化のあり方に関する調査研究企画検討委員会 委員
4. 1997/04/01~1998/03/31 東京都寝たきりゼロ推進会議・健康教育ワーキンググループ 委員
5. 1997/12/01~1998/01/31 東京都インフルエンザ予防対策マニュアル検討委員会 起草委員
研究活動等
1.   IT機器を応用した健康づくり支援システムの開発 
2. 1991/04~1992/03  有酸素的運動により発現しう酸素毒性に関する研究 一般研究(C)(キーワード:リン脂質,有酸素的運動,活性酸素,赤血球膜脂質,過酸化脂質) 
3. 1993/04~1994/03  肥満症及び糖尿病患者の自律神経機能に及ぼす運動処方の効果に関する研究 奨励研究(A)(キーワード:自律神経機能,運動,心拍変動,最大酸素摂取量,肥満,起立試験) 
4. 1994/04~1995/03  老年期の自律神経機能低下に及ぼす運動処方の効果に関する研究 奨励研究(A)(キーワード:老化,自律神経機能,運動,心拍変動,最大酸素摂取量,起立試験) 
5. 1995/04~1996/03  中高年者の自律神経機能の概日リズムに及ぼす交替制勤務の影響 奨励研究(A)(キーワード:自律神経機能,概日リズム,コサイナー法,心拍変動) 
著書・論文等
1. 著書  メタボリックシンドローム対策(嶋野洋子,島田美喜編:公衆衛生実践キーワード)  (共著)  2014/10
2. 著書  老化と高齢者(直井道子,中野いく子,和気純子編:高齢者福祉の世界 補訂版)  (共著)  2014/04
3. 著書  ジェロントロジー入門  (共著)  2013/09
4. 著書  介護職員初任者養成講座テキスト  (共著)  2013/03
5. 著書  よくわかる健康心理学(森和代,石川利江,茂木俊彦編)  (共著)  2012/08
学会発表
1. 2015/06/14 生活機能の高い男女高齢者の食材料選択状況と食物選択動機、属性との関連(日本老年社会科学会第57回大会)
2. 2015/06/06 予防理学療法における老年学的アプローチ(第50回日本理学療法学術大会)
3. 2015/05/04 The effect of posture on the swallowing function in the elderly –Analysis of accumulated time in repetitive saliva swallowing(The World Confederation for Physical Therapy Congress 2015)
4. 2015/05/04 The relationships among physical pain, physical performance, and quality of life in community-dwelling elderly who exercise voluntarily(The World Confederation for Physical Therapy Congress 2015)
5. 2015/05/03 Functional Independence and Difficulty Scale: Instrument Development and Validity Evaluation(The World Confederation for Physical Therapy Congress 2015)
講師・講演
1. 2014/08/06~2014/08/06 高齢者に不足しがちな栄養素・夏編
2. 2014/10/26~2014/10/26 大会長講演(相模原市)
3. 2015/01/22~2015/01/22 80代女性働いていきいき
資格・免許
1. 1986/05/22 医師免許
2. 1990/05/28 労働衛生コンサルタント
受賞学術賞
1. 1999/10 第6回東京都老年学会最優秀発表賞(共同)  関戸ひとみ、本間キヨ子、稲松孝思、渡辺修一郎、新開省二、渡辺浩子:老人医療・福祉施設従事者のインフルエンザ様疾患罹患状況と業務への影響およびインフルエンザワクチンに対する意識調査
2. 1999/10 第6回東京都老年学会優秀発表賞(共同)  天野秀紀、渡辺修一郎、熊谷修、吉田英世、湯川晴美、鈴木隆雄、柴田博:地域高齢者の血糖値と高次生活機能
3. 2001/11 都知事表彰(共同)中年からの老化予防総合的長期追跡研究医学班:元気で長生きするための十カ条の確立
4. 2002/11 第9回東京都老年学会優秀発表賞:都市部在宅自立高齢者の65歳時健康余命の算出および健康余命の関連要因の検討
5. 2014/01 Distinguished Reviewer 2013 (The Japan Epidemiological Association)