OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2017-06-30 14:41:44)
  ハヤシ カナコ   HAYASHI, Kanako
  林 加奈子
   所属学系   心理・教育学系
   教育組織   大学  グローバル・コミュニケーション学群
   職位   講師
職歴
1. 2016/04~ 桜美林大学 グローバル・コミュニケーション学群 講師
2. 2013/04~2016/03 桜美林大学 基盤教育院 助教
3. 2011/04~ 桜美林大学 サービス・ラーニング・センター その他(教員)
4. 2007/05~2011/03 桜美林大学 基盤教育院 助手
5. 2005/07~2007/03 在コルカタ日本国総領事館 草の根・人間の安全保障無償資金協力委嘱員
学歴および学位
1. 2017/06/21
(学位取得)
早稲田大学大学院 博士(文学) (早大学位記番号第7605号)
2. 2009/04~2014/03 早稲田大学大学院 文学研究科教育学コース博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
3. 2002/04~2004/03 早稲田大学大学院 アジア太平洋研究科 国際関係学専攻 修士課程修了 修士(国際関係学)
4. 1998/04~2002/03 東京都立大学 法学部 政治学科 法学士
専門分野
開発教育、国際理解教育 
主な担当科目
グローバル・コミュニケーション入門、グローバリゼーションと社会、サービス・ラーニング科目(わたしたちに身近な貧困、子どもと教育、性別で差別しない社会、サービスラーニング自由課題)
所属学会
1. 2015~ 大学教育学会
2. 2009~ 日本国際理解教育学会
3. 2007~ 日本平和学会
4. 2007~ 国際開発学会
著書・論文等
1. 論文  開発教育における地域づくりにみる「参加」概念の検討 ―正統的周辺参加論の視点から― (単著) 2014/03
2. 論文  「開発教育における参加のありようの整理」 (単著) 2013/03
3. 著書  「震災ボランティア参加による学生の意識変化:アンケートとインタビューをとおして見る学生の体験とその影響」 (共著) 2012
4. 論文  「大学の海外体験学習プログラムにおけるコーディネーターの役割―桜美林大学での実践から―」 (単著) 2011/03
5. 論文  「開発教育としてのスタディツアー再考―省察と行動の視点から―」 (単著) 2010/08
学会発表
1. 2016/06/19 「学習者の社会参加を目指した開発教育における方法論の検討」(日本国際理解教育学会)
2. 2015/09 「初年次教育におけるサービス・ラーニングの授業デザイン」(初年次教育学会)
3. 2015/06 「学習者の社会参加を目指した開発教育における目標構造の提示」(日本国際理解教育学会)
4. 2013/07 「国際理解教育と文化的参加」(日本国際理解教育学会)
5. 2012/06 「正統的周辺参加論に見る参加と国際理解教育」(日本国際理解教育学会)
講師・講演
1. 2016/06/05 第37回異文化間教育学会公開シンポジウム「異文化間教育におけるサービス・ラーニングの視点」コーディネータ―兼パネリスト
2. 2016/05/22 「共通教育・専門教育・留学プログラムへのサービス・ラーニングの導入~本学教育理念の具現化に向けて~」
3. 2016/02 「大学におけるサービス・ラーニングの取り組み―桜美林大学での実践から―」(他大学教職員対象FD)
4. 2015/11 桜美林大学オープンカレッジ「大学とは何か~日本の大学と海外の『地域』との連携について考える~」
5. 2014/12 桜美林大学オープンカレッジ「大学とは何か~『大学と地域』の関係を地域社会における学生の活動から考える~」