OBIRIN OBIRIN
検索ページへ戻る   
    (最終更新日:2017-04-22 20:29:33)
  タナカ トシタツ   TANAKA, Toshitatsu
  田中 暁龍
   所属学系   人文学系
   教育組織   大学  教職センター
   職位   教授
大学主要役職
1. 2017/04/01~ 桜美林大学 教職センター長
職歴
1. 1987/04~1989/03 宝仙学園小学校 教諭
2. 1989/04~1999/03 東京学芸大学附属高等学校大泉校舎 (1994年10月~1995年3月東京学芸大学非常勤講師兼任) 文部教官教諭
3. 1999/04~2006/03 東京都立小平西高等学校(1999年4月~)、東京都立神津高等学校(2003年4月~) 教諭
4. 2006/04~2008/03 千代田区立九段中等教育学校 教諭(2006年4月~)・主幹教諭(2007年4月~)
5. 2014/04~ 桜美林大学 教授 (2008.4.~ 2014.3. 准教授)
学歴および学位
1. 1985/04~1987/03 東京学芸大学大学院 教育学研究科 教育学研究科 教育学修士
2. 2010/11/18
(学位取得)
学習院大学大学院 人文科学研究科 博士(史学)
専門分野
日本史(近世), 社会科教育、歴史教育、教師教育 
所属学会
1. 1987~ 日本社会科教育学会
2. 2010/04~ ∟ 幹事
3. 2016/04~ ∟ 評議員
4. 2012/04~ 歴史学研究会
5. 2007~ 東京歴史科学研究会
委員会・協会等
1. 2010/06/18~ 東京都立翔陽高等学校 学校運営連絡協議会 協議委員
2. 2012/09~ 東京都立翔陽高等学校 防災教育推進委員会 委員
研究活動等
1. 2010/04~2014/03  近世の摂家・武家伝奏日記の蒐集・統合化と史料学的研究(研究分担者) 科学研究費補助金基盤研究(B) 
2. 2011/04~2015/03  近世天皇・朝廷研究の基盤形成(研究分担者) 科学研究費補助金基盤研究(C) (キーワード:日本史 近世史)
3. 2013/04~2016/03  自国史を越えた歴史認識の共有をめざす日韓共通歴史教材の基礎的研究(研究代表者) 科学研究費補助金基盤研究(B) 
4. 2016/04~2020/03  自国史を越えた歴史認識の共有をめざす日韓共通歴史教材の発展的研究(研究代表者) 科学研究費補助金基盤研究(B) (キーワード:日本史 東洋史 教育学)
著書・論文等
1. 著書  近世前期朝幕関係の研究 (単著) 2011/06
2. 著書  近世朝廷の法制と秩序 (単著) 2012/10
3. 著書  社会科教育のフロンティア -生き抜く知恵を育む- (共著) 2010/02
4. 著書  新しい社会科教育法 (共著) 2013/12
5. 論文  新自由主義時代の教師教育と歴史教育 (単著) 2012/11
学会発表
1. 2012/09/15 中近世の禁裏小番と武家昵近衆(近世の天皇・朝廷研究 第5回大会)
2. 2010/08/29 小・中・高・大にわたる歴史教育と課題(総合歴史教育研究会大会)
3. 2010/02/28 綱吉政権と朝幕関係 -江戸前期の幕府と朝廷のとらえ方-(東京都歴史教育者協議会 第43回研究集会 分科会2)
4. 2009/08/02 歴史教育における風刺画教材の活用について(歴史教育者協議会 北海道大会 第20分科会 大学)
5. 2008/11/08 中等教育学校における「思考力を高める社会科教育指導」の研究(日本教材学会 第20回研究発表大会(自由研究))
講師・講演
1. 2011/03/11~2011/03/25 歴史講座 ~「江」 浅井三姉妹(相模原市立大野北公民館)
2. 2011/08/23 町田市教育委員会 授業力・教育課題研修会 新学習指導要領実践講座「中学校 社会」 ~各分野の特質に応じた指導内容の改善~(玉川大学)
3. 2011/11/05 東京学芸大附属高校「第10回公開教育研究大会」地歴・公民「新学習指導要領における科目連携とその実践」助言講師
4. 2012/09/17 二条城と江戸初期の朝幕関係(江戸東京博物館)
5. 2013/03/17 東京都歴史教育研究会主催「春季史跡見学」講師(赤坂見附・桜田門・小塚原刑場跡・小伝馬町牢屋敷跡等)